スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

オリンパス双眼鏡「8x25 WP II GRN」を購入

今何かと物議をかもしているオリンパス。
一部の上層部の暴走のせいで、評判を落としてしまいましたが、頑張っている社員さんはかわいそうですね。
オリンパス社員に同情したわけではありませんが、新製品「8x25 WP II GRN」を買いました。
価格は送料込みで8,480円でした。
双眼鏡はすでに二台持っているのですが価格の安さにつられて…。
これを最後にしよう(>_<;)



さて、使ってみた感想を書きます。
覗いて見た感じはごくごく普通の、エントリークラスの双眼鏡という印象です。
僕の目には二倍の価格の「KOWA BD25-8GR」とあまり大差ないように思えました。
もちろん両機種を見比べるとKOWA BD25-8GRのほうが解像感が高かったり、作りがかっちりしていてやはり値段だけあるなという事はわかるのですが。
実用上で気にするほどの差異は無いかなと。
たとえば軽自動車と普通車で比べた時、性能の違いは当然ありますが、街で普通に乗ってる分には軽自動車で困ることってまずないですよね(軽は恥ずかしい、という話は置いといて)。それと同じ事ですね。

一点だけ気になったのは、ピントリングを回す時に気泡がはじけるような「プチプチ」という音が聞こえる事です。おそらく中のオイルに気泡が混じっていて、リングを回すと圧力変化があってはじける音なんでしょうね。
ここだけは「価格なり」でしょうか…。
ピント調節機能に問題があるわけでもないからあまり気にしない事にしました。

その他は不満点はとくにありません。
ナイロン製のケースが付属していて、しっかり作られていて安っぽさはありません。
BD25-8GRよりも軽くて、コンパクトに折りたたむ事もできるので、旅行に持って行くとしたら僕はこっちですね。
防水なのでアウトドアでの使用にも神経を使いません。
価格の安さを考えたら、僕が知る限りでどの双眼鏡がおすすめかと誰かに聞かれたら、この8x25 WP IIを挙げますね。

日常的に持ち歩くのは「ニコン遊」。旅行に持って行くのはこの8x25 WP II、という使い分けになるかな。
BD25-8GRも良い双眼鏡なんですが、家でお留守番かなぁ。
スポンサーサイト


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

ニコンの超小型双眼鏡「遊 4x10D CF」

ニコンの超小型双眼鏡「遊 4x10D CF」を買ったのでご紹介します。


ニコン双眼鏡史上、最薄・最軽量 【送料込】ニコン 『Nikon』 双眼鏡「遊」 4×10D CF

第一印象・・・「軽い!」そして「小さい!」
いやもちろんそれが理由で購入したのですが。普段持ち歩けるというのは素晴らしいですね。
普通の双眼鏡の重さと大きさは、持ち歩こうと思うとなかなか厳しいです。
実際、僕が以前購入したKOWA BD25-8GRは、双眼鏡としては小さく軽い部類に入りますが、これを普段からカバンの中に入れておこうという気にはならないですからね。あくまで登山などの特別な日にしか使っていません。
それに、これは僕の体力がないせいかもしれませんが、登山の最中に双眼鏡が首にかかる重量が地味に不快だったりします。
ついつい車の中に置いてきて、いざって時に「あ~双眼鏡置いてきちゃった!」と思ったこともありました…。
どんなに素晴らしい見え味の双眼鏡でも、手元に持っていなければ意味がない。
この「遊」はそんなストレスとは無縁の、まさに名前のとおり「遊べる双眼鏡」なんですね。

では肝心の見え味はどうか?
BD25-8GRと比べて同等の解像感と発色という感じです。とはいえこれだけの超小型で同等の見え味というのは実はすごいことなのかもしれません。ホームセンターなどで売っているような安物などと比べればもちろんぜんぜん別物の素晴らしい見え味です。
倍率4倍と低倍率なので視界が広いという特性はあります。
その反面やはり「あともう少し倍率が高かったらなあ」と思う人もいるでしょうね。
これはいわゆるトレードオフですね。

低倍率の双眼鏡は手ブレが少なくて見やすい、とも言います。
この「遊」にももちろんそれは当てはまります。
ただ本体重量がたったの65gしかなく、この軽さのためにブレやすいです。
つまり低倍率で手ブレが小さくなり、軽さで手ブレが大きくなる、そして差し引きゼロ。という印象ですねw

あ、それからこれは個人差もあるでしょうけど、僕の場合は裸眼で機体を目に当てるとブラックアウトしてしまい、目から少し離して見る必要がありました。そのため手がプルプル震えて手ブレしやすい気もします。眼鏡の上から眺める時は、眼鏡に押し当てて見るとちょうど良いので機体が固定されてブレが減ります。
アイレリーフが13.7mmと短めですが眼鏡をかけて見てもまったく問題ありません。むしろブレの問題で眼鏡をかけていた方が見やすいくらい。

あと、暗さについても要チェックですね。
スペック上で明るさ6.3という事で、暗さは覚悟の上で購入したので不満という程ではないですが、やはり他機種と比べると相対的に暗さが気になる場面も多々あります。
観劇などの用途には、使えない事もないと思いますが、そういう用途でしたら個人的には他に最適な機種を買ったほうが幸せになれるかと。
たとえば日の出とか。

ん~だいたいそんな所ですね。
KOWAの双眼鏡の代わりにこの「遊」を登山に持っていくか?というと、防水防塵機能が無いので正直悩みます…。
決して安いとは言えない価格なので壊したくないですからね。
それに暗さに弱い点も気がかり。
どっちを持って行くにしても悩むなぁ。え~い両方持って行こう!…あれ?



にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

KOWA B25-8GRが届きました

KOWA BB25-8GRが届いたので使用感レポートです。

↓最安ショップ

◆新品 ◆送料無料コーワ 8倍双眼鏡 「BD25 Series」 BD25-8GR 【smtb-TK】

競合機種と見比べてはいないので光学性能の良し悪しは語れないのですが、とりあえず数千円の安物双眼鏡とは全然別物の見え味である事は比べなくてもわかりました!
コントラストがはっきりしていて見ていて楽しいです。
値段分の価値はあると思います。
全面ラバーコートされていて衝撃にも強そうです。
口径が小さいので暗いところには弱いとわかっていましたが、夕暮れ時の薄暗さ程度なら思ったよりも使えますね、これ。さすがに夜には不向きですが。
眼鏡をかけたまま見るのは、わずかにアイレリーフが短めかなという気はしますがとりあえず問題ありません。欲を言えばもう1?2mm長いと文句なしだったんですけどね。アイレリーフをあまり長くすると今度は画質に影響するらしいので、たぶんこれが計算され尽くした結果なんでしょうね。
気に入りました
長く使う事になりそうです。

楽しいのでしばらくあちこち見ていたら、だんだん双眼鏡という道具そのものにも俄然興味が出てきました。
さすがにツァイスとかライカは値段が高すぎるので手を出す気にはならないのですが、明るい双眼鏡だとどんな風に見えるのか、試してみたいという欲求が…。

日の出光学が紹介している「ルポルド 6x30」がまだ気になってますw
あの絶賛しまくりのレビューが本当なのか、ぜひBD25と比較してみたいな。
う?ん失敗覚悟で個人輸入してみるか・・・?

日本に直送してくれる店はあまり多くないようですが、ルポルドの公式サイトからリンクが張られているショッピングサイトの中から探したところ「Optics For You」が日本に発送してくれるみたいですね。
$89.99で、国際送料は$32(USPS International Priority Mail)。
合計$121.99。という事は日本円換算でほぼ一万円きっかり。
ちょっと迷ってみます。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

双眼鏡選び

双眼鏡のそれなりに良いものがほしくなり、いろいろ調べてみたのでそのレポートです。

まずは自分の用途のポイントまとめ

・ハイキングに行ったときに風景を観たい
・生き物観察をしたり水族館やスポーツ観戦にも使いたい
・長時間持ち歩いても疲れないサイズと重さ(500g以下くらい)
・できれば星も観たい
・予算2万円以下
・防水であること


以上を念頭に置いてからビックカメラに行っていくつかの機種を試し見してみました。
倍率は10倍以下が良いと一般的に言われていますが、実際に使ってみたところ、10倍でもかなり手触れしてモノを見るどころじゃないし、数分も覗いていたら気持ち悪くなりそうでした…。
倍率は8倍以下が良いですね。
双眼鏡マニアに言わせると手持ちでは6?8倍がベストの倍率らしいと後で知りました。「高倍率=高性能」と思っている消費者が多いので、その要求にメーカーが応える形で8倍以上の倍率の機種が市場を占めてしまっているというのが実情らしいです。
なんだかデジタルカメラの高画素競争と似てますね。

さて倍率8倍以下という条件を加えて調べてみた結果、次の7機種に絞りました。

ニコン トラベライトEX 8x25 CF
日の出光学 ルポルド6x30
コーワ BD25-8GR
ペンタックス 8×25DCF MCII
ビクセン ニューアペックス HR8x24
ビクセン アトレック HR8x25WP
ビクセン アトレック HR8x32WP

ここから1台を選びます。
まず8×25DCF MCIIは、見掛視界が狭すぎて使い勝手が悪そうだったので脱落。
トラベライトEXはスペックはなかなか良いんですが、デザインがなんとなく気にいらなかった(^^;
ニューアペックスは店頭で眼鏡をかけて見るといまいち見づらかったです。アイレリーフが短いようです。山に行く時はコンタクトレンズを使うのでいいんですが、普段は眼鏡なのでもう少しアイレリーフが長い機種の方がなにかと便利です。というわけでニューアペックスも×。7機種の中ではダントツの軽さと小ささなのでほんとアイレリーフさえもう少し長ければよかったんですけどね。

日の出光学という会社はあまり聞き慣れない社名かもしれません。まだ最近できたばかりの会社のようです。HPの説明を読むと思わず注文ボタンを押してしまいそうになるような魅力的な宣伝文句が書かれています。
ルポルドは輸入品とあったので、アメリカのショッピングサイトを見てみました。
いくつかレビューを読むとたしかに評価もかなり高いようでした。
ただこれ、アメリカでは最安75ドルから売られているんですよね。今の為替相場で1ドル85円として換算すると6375円…。個人輸入なら国際送料を含めても1万円で買えます。中国生産なので初期不良率がどの程度かわからないので実際に個人輸入する気にはならないのですが。検品の手間や輸送費などを差し引いても日の出光学の売り値19,800円は少し高いかなぁ。15,000円ならこれにしたかも。
他の6機種に比べると二回りくらい大きく重い事もマイナス。

残ったビクセンアトレック兄弟とコーワBD25-8GRとでずいぶん悩んだ結果、最終的にコーワBD25-8GRを注文する事に決定
ちなみに現在市販されているBD25-8GRはマイナーチェンジがあったようですね。
前の機種「BD25-8」にC3コーティング(視界がクリアになり色再現性が向上する)を加えてストラップ穴などに改良を加えたのがBD25-8GR。最短合焦距離1.8mは生き物観察にも良いです。

買ったのはこのお店です。僕が探した限りでの最安店。送料無料で19950円でした。

◆新品 ◆送料無料コーワ 8倍双眼鏡 「BD25 Series」 BD25-8GR 【smtb-TK】

アトレック兄弟は、ネット上の情報をいろいろ調べたところ、グリスが漏れ出たり、ピントリングがゆるかったり、明るさに個体差があるというレビューも目にしました。基本性能はかなり良さげなのに実売12,000円前後の低価格を実現できたのは、中国生産に加えて日本での検品コストをカットでもしているのでしょうか?
その点、コーワは純国産なので、最後は信頼性で選びました。
口径が25mmなので星を観るには少し暗いかなぁと思いましたが、よく考えたら星を観るためだったら持ち歩く必要はないので、小型軽量である必要もないなと。
それならもっと口径が大きくて無理のないスペックのポロプリズムの機種をもう一台買った方がよいだろうという結論に達しました。
星見はすぐにしたいわけじゃないし2台も続けて買えるほどお金持ちじゃないので買うとしてもしばらく後かな。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス
おすすめ
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログへ





プロフィール

いたち

Author:いたち
新しいもの好き。

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。