スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

HF100にワイコン ATW0.6をつけてみた

トダ精光 0.6倍広角ワイコン ATW0.6


Canon HF100にATW0.6をつけてみました。

まずは見た目。
HF100+AWT その1
HF100+AWT その2

つぎに比較サンプル動画。
http://circle.zoome.jp/itachi/media/2/



ホントいいですね、このワイコン。
いままではレイノックスのHD-5050PROを使っていたんですが、HF100にHD-5050PROをつける場合、画質はいいんですが欠点がいろいろありました。
・レンズアダプタをつけないと後玉がレンズカバーに干渉して傷がつく
・レンズアダプタをつけるとケラレる
・重い。重量としては110g程度ですがカメラの先端につけるため手首にかなり負担がかかる
・直径が66mmで迫力がありカメラを人に向けたときになんとなく嫌がられてる感じがするw

ATW0.6はこれらの欠点が全て解消されます。
7倍?8倍くらいにズームアップしたときにフォーカスが合わないという欠点はありますが、そもそもワイコンをつけるのはたいてい近くのものを撮影するときで、その上でズームを高倍率にする機会はほとんど無いからこれは欠点という程のものではないですね。
どうしてもっていう時はワイコンを外せば済みますし。
スポンサーサイト


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

GZ-MS100でケラレないワイコン

前回触れた「Everio GZ-MS100でケラレないワイコン」の紹介です。
それがこちら。

トダ精光 0.6倍広角ワイコン ATW0.6


サイズ 52mm(径)×24.5mm
重量 54g

価格は6300円でした。
フィルタ径は37mmですが30.5mmのステップダウンリングが付属します。
4:3モードで全くケラレないで撮る事ができました。すっきり。

ただし16:9モードでは相変わらずケラレますが^^;
ちなみにレイノックス HD-5050PROもやはりケラレます。
MS100の16:9モードでのワイコン使用は諦めたほうがいいのかも。

それと付属の37-30.5ステップダウンリングが薄い金属製。
「もしかしてレンズ保護フィルタをつけたときのケラレ対策になるかもしれない」とふと思い、実験してみました。ステップダウンリングの上に37mmフィルタを取り付けてみる・・・。
するとこちらは期待通り、16:9モードでもケラレなくなりました\(^o^)/

ケラレについてまとめるとこんな感じになります。

【4:3モード時】
○ 30.5mmフィルタ  
○ ATW付属ステップダウンリング+ワイコン

【16:9モード時】
× 30.5mmフィルタ  
× ATW付属ステップダウンリング+ワイコン
○ ATW付属ステップダウンリング+37mmフィルタ


そして肝心要のATW0.6の画質についてですが、目視で確認できるほどの劣化は感じられませんでした。とても良い画質です。ズームも35倍までしてもちゃんとフォーカスが合うし、全く問題ないですね。

ついでにCanon HF100にも取り付けて試してみました。
こちらはズームを7?8倍以上にしたとき、フォーカスが合わなくなりました。広角端から6倍程度までなら合います。
画質については色収差や歪曲収差の劣化は目視で確認できませんでしたが、解像感がわずかに落ちる感じはありますね。と言っても私がチェックのために目を凝らしているから解像感低下に気付くだけで、普通に鑑賞する分には全然問題ない程度の劣化です。
むしろクオリティとしては予想以上でした。
小さくて軽いのでレイノックスのHD対応ワイコンよりも常用に良いかもしれません。
HD-5050PROなんかは直径が66mmもあるので、人に向けると妙なプレッシャーを与えてしまうんですがw
このATW0.6は52mmなのでずっとマシです。

かなりオススメできるワイコンです。
ちょっと忙しくて撮影サンプルはまだありませんが近いうちに撮ろうと思います。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

Everio GZ-MS100 屋外サンプル

http://zoome.jp/umesyu/diary/6


GZ-MS100で屋外で試し撮りしてきました。
zoomeへのアップ時に1.3Mbpsにエンコしているので若干ブロックノイズが乗ってますが、生ファイル(*.mod)にはこのようなブロックノイズはなく奇麗な映像です。
実際に何度か試してみて思ったんですが、明るい場面でもAFが若干迷うことがありますね。まぁそれでもCanon HF100の高性能AFに慣れていると少し気になるかなってくらいで、我慢できる範囲です。

GZ-MS100でケラレないワイコンを探していたら・・・あった、ありました。
そのワイコンの紹介はまた次回。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

ビデオカメラ ビクター Everio GZ-MS100

【おすすめ最安ショップ】
【あんどんや】ビクターEverioGZ-MS100 32800円(税込み、送料込み)


楽天の「あんどんや」で購入しました。
32800円(税込み、送料込み)でした。
価格.comの最安値よりさらに安いので買うならここがおすすめです(9月現在)。
フルハイビジョンカメラのCanon HF100も持っているのですが、MS100はサブ機として使う予定です。

さすがに大画面TVで見る分にはHF100には画質では負けます。
まあ勝負にならないですね。
しかしYoutubezoomeのような動画共有サイトにアップロードする用途なら、エンコードしてビットレートや解像度を低く抑える必要があるので、MS100でもかなり良い勝負、というか場合によってはMS100のほうが勝ってるポイントもあります。
以下詳しいレビューを。

【大きさ、軽さ】
バッテリー込みで270gという軽さが気に入りました。幅は仕様では54mmとなっていますが、お尻の部分が膨らんでいるためで実際の幅としては40mmとちょっとくらいです。高価なハイビジョン機は持ち運びに気を遣いますが、安いだけあって気軽にカバンに放り込んでおけるのがある意味一番の利点かもしれませんw

【画質】
思ったより解像感もあり、発色もそこそこ良いです。
前述したとおりHF100には負けますが、SD画質機としては現行機種では最も優秀なんじゃないでしょうか?GZ-MG330と比べて最低照度も12ルクス(シャッター速度1/60時)まで改善されているので、夜の撮影でもかなり奇麗に撮れます。

ライバル機としてCanon FS10がありますが、あちらは日中の撮影でもかなりノイズ・・・と言うかザワザワと色が細かく変わるような感じが気になります。個人的には、画質での勝負なら日中・暗所ともにMS100のほうがキレイに撮れると感じます。ズーム倍率では負けてますがブレを考えるとMS100の35倍程度が実用上限度なので、これはマイナスポイントとはならないでしょう。

【手振れ補正】
電子式という事であまり期待はしてなかったのですが、これが予想をはるかに上回る優秀さでした。手持ちの35倍ズームでもしっかり落ち着いて見られる映像が撮れます。実際にフルズームで月を撮影してみたので下のzoomeの映像をご覧下さい。

【オートフォーカス】
明るいところでは特に不満を持つような点はないです。
が、夕方すぎくらいの暗さになると少々フォーカスが迷う事があります。
他機種と比べてすごく劣るという程ではないです。
こんなものでしょう。

【メニュー】
レーザータッチオペレーションは目新しいけれど使い勝手は決してよくはないです。
マニュアル操作時のメニュー階層が深くてちょっとストレスが溜まります。
せめて逆光補正などよく使う機能はワンボタンで出来るようにしてほしかった。
フルオートで撮る人なら問題ないかと。

【バッテリーの持ち】
HF100よりもいくぶん長持ちする印象です。旅行に持っていくなら予備バッテリーがあったほうがいいですが、日常スナップ用なら予備はまず不要ですね。

【コンバージョンレンズ】
これはマイナスポイント。画質どうこうよりもとにかくケラレます。
手持ちのワイコンは全てケラレました。
(16:9モード、PCでの再生時)
ビクターに聞くと、「純正ワイコンでは少々四隅に影ができるだけでほとんど気にならない」との事でしたが、にわかには信じがたい。だって、ワイコンどころかレンズ保護用フィルタ(30.5mm)をつけただけでケラれるんですから・・・^^;
なお、4:3モードではレンズ保護用フィルタをつけても大丈夫でした。
またTV再生ではPC再生よりも再生範囲が狭い(?)のか、ケラれの範囲もかなり少なくなりますけどね。
私はWEBアップロード用カメラとして購入したのでこのケラレは不満です。
おそらくレンズ保護用フィルタをつける人が多いだろうから、手動レンズカバー機能は不要。なので、もう少しカメラ内部のレンズユニットを前に持ってこればここまでケラレる事はなかったんじゃないだろうか。

残念ですが、まあ前向きに考えるなら35倍光学ズームを生かしてワイコンなし&4:3モードで運用するのも有りかなぁと・・・。ちなみにMS100の4:3時の画角は35mm換算で41mm?ですが、CanonHF100と比べると縦方向に1.2?1.3倍ほど広く映るようです(横方向はほぼ同じ広さ)。
HF100は16:9のみで縦が極端に狭く、日常撮りにはワイコン必須の狭さですが、このMS100の4:3モードならワイコンなしでも一応我慢して使える程度の画角は確保されています。風景撮りにはやはりワイコンが使いたいところです。

【録音品質】
音量が低いですが、音質としては悪くは無いです。ただ、ズームボタンを操作したときの「カチッ」という音が録音されてしまうのが難点。そーっとズームボタンを操作して音が鳴らないように気をつける必要があります。

【その他】
全体的に質感がチープです。
特に、SDカードスロットのカバーがふにゃふにゃの樹脂製なのは気に入らない。廉価な機種とは言え、せめてこういう耐久性が必要と思われる箇所だけは手抜きしないでちゃんとしてほしいです。
パナソニックのSDR-S10などはMS100よりさらに安価なのに剛性感のあるしっかりしたSDカードスロットカバーを採用してます。こういう細かいところが、売れるメーカーとそうでないメーカーの違いのような気がしないでもない。

と、不満点が無いわけではないですが、やはり3万円代前半でこの性能のカメラと考えると十分オススメできます。AVCHD記録のカメラと比べて編集するにも手間がかからず楽ですしね。

MS100で月を撮影しました。
やっぱり35倍ズームスゲェ。
http://zoome.jp/umesyu/diary/5/


風景など撮ってきたらまたアップします。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

ビクトリノックス クラシックAL

ビクトリノックス クラシックAL 2ビクトリノックス クラシックAL 1

いわゆるツールナイフ。
めちゃくちゃ軽い!そして超小型なのに切れ味は予想以上。
厚紙もサクサク切れます。
旅行先でおかしの袋などが開けにくい時、あるいは服や靴を買ってタグをその場で外したい時「ナイフかハサミがあればなぁ・・・」と思った経験ないですか?
そういう時のために1個持っておくとなにかと便利です。
いつもキーホルダーにつけておいても気にならない軽さですよ。
値段も手ごろ。

サイズ:58mm
重さ:18g
5つの機能「スモールブレード(ナイフ)、ハサミ、マイナスドライバー、つめやすり、キーリング」

【おすすめ最安ショップ】
ビクトリノックス クラシックAL WH



にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス
おすすめ
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログへ





プロフィール

いたち

Author:いたち
新しいもの好き。

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。