スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

ハンディGPS eTrex Vista HCx(英語版)

Vista HCx

機種選びに悩んだ末、買ったのはこれです。
「eTrex Vista HCx 英語版」
ヤフオクで27,500円でした。
日本語版は80,000円ほどするのでこの価格差だったら断然英語版をお奨めします。
オークションと言う事でアフターサポートに関していろいろ不安はあったんですが、出品者の方はとても誠実丁寧に充実したサポートをしてくれる人で、そこらの業者から買うよりもむしろ良かったかも。

というわけでさっそく近くの山へ行って試してきたので、その時の使用感を元にレビューしてみます。

【サイズ・重さ】
上の写真のとおり、サイズは大きめの携帯電話くらい。重さは単三電池2本込みで手に持つとちょっとだけ重量感があります。登山用途なので、ザックの肩あてにでもつけて使うので重さは気にはなりません。

【ログ記録機能】
山で使ったあと家に帰ってからgoogleマップなど使って検証してみたところ、誤差は大体2m?5mくらい。まれに大きな誤差が起きても20m以内には収まっていました。ほぼ正確に歩いたルートを記録してくれていました。ビル街や山の林道や木々が生い茂っている場所でもかなり正確で、全く問題なしです。よかった!
ちなみに木造二階建ての家の中でもちゃんと現在地を示します。
鉄筋のデパートの中ではさすがに無理でしたw

【操作性】
防水のためだと思いますが、ボタン上にゴム製カバーが巻かれているので少しボタンを押すのが堅いです。もう一工夫あると良かったかな。もっとも登山中は頻繁に操作するものでもないので実用上問題があるというわけではないです。

【言語】
表示がすべて英語なので最初は少し戸惑う時もありましたが、1日いじっていたら慣れて今はぜんぜん問題なしです。
日本語の説明書も某所でダウンロードできる(出品者さんが教えてくれた)ので、それを印刷して読みながら何度か使っているうちに自然と慣れます。
この程度の違いで日本語版と5万円以上もの価格差なら、選ぶのは断然英語版ですね(しつこい)

【地図】
GPS本体内にも一応地図データが入っていますがこれは最初から無いものと考えましょう(実用にならない)。実用になる地図データは二種類あります。ひとつは有料の地図データ。ここが有名です。
http://uud.info/ja/
1/2.5万地図なのでこれがあればたいていの場合は困る事はないはずです。

もうひとつの方法は、地図を一から自分で作るかフリーで公開されているデータをカスタマイズして使う方法です。私は自作地図で行くことにしました。いろいろと面倒な作業やPC・コンピュータの知識など必要になってくるのでここでは詳しく触れません。
詳しく知りたい方はここここなどを読まれるといいと思います。

【キャリングケース】
これを買いました。やっぱりケースは純正が一番。ケースに入れたまま各種操作ができます。画面の視認性は少し落ちますが、私は使用上特に困ることはありませんでした。

GARMIN eTrex用キャリングケース

【総評】
満足しています。登山には必携のアイテムですね。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

comment

管理者にだけ表示を許可する

おすすめ
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログへ





プロフィール

いたち

Author:いたち
新しいもの好き。

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。