スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

最強になり損ねた?動画デジカメ Cyber-shot DSC-T500

ポケットサイズの動画対応カメラ欲が日増しに増大しているいたちです。と言うのも私のメインカメラ「Canon iVIS HF100」が、やっぱり重いんですよ。2?3時間かそこら持ち歩くだけならいいのですが日帰り旅行等で終日カバンにいれて歩いているとけっこう負担がきついです。

先日注文したVado HDは光学ズームがないのであくまでサブ。メインとなるビデオカメラももう少し小型軽量のタイプに買い換えたいなぁといろいろ物色中なのですが、これが私のツボにぴたりとはまる機種がなかなか見つかりません。

小型軽量ムービーカメラと言えばまず思い浮かぶのがサンヨーのXactiシリーズとソニーHDR-TG1ですが、どちらもいまいちです。

Xactiは手ぶれ補正性能が良くないし、レンズキャップが邪魔そうだし、なんと言っても画角が弱い。DMX-HD800はいくぶん広角になっているそうですがそれはあくまで前機種(HD700)と比べての話。広角で撮れるかというとやはりまだまだ弱い気がします。

HDR-TG1は、画質や手ぶれ補正は良さげなのですが、やはり広角に弱く、ワイコンもつけられないのでパスです。(なぜワイコンをつけられなくしてしまったのか疑問)

そこで注目したのが720Pハイビジョン動画撮影に対応しているソニーのデジカメCyber-shot DSC-T500です。いわゆる「オーバーシーズモデル」というやつで、日本語版はありませんが国内メーカー保証はちゃんと効きます。

DSC-T500

動画サンプルを見てびっくり!デジカメで撮ったとは思えないほど高画質じゃないですか。

CCDなのでスミアが若干気にはなりますが、パナソニックのデジカメのような酷いものではなくて許容範囲です。画角も33mmで十分とは行かないまでも狭くて困るという事はなさそうです。

そして動画撮影時の光学ズームに対応しているという点が素晴らしい。ズーム音が録音される事もないし。音声もステレオで合格点。これは現時点で小型軽量ムービーカメラとして最有力候補なのでは?

ただ一点、弱点がありました。

それはバッテリーの持ち。かなり悪いみたいです。あるレビューによると「動画は最高画質で10?15分しか撮れない。連続撮影時間の制限が10分になっているのもそのためだろう。」とありました。他の人のレビューをいくつか読んでも共通して「バッテリーの持ちが悪い」と書かれています。

ソニーのスペック表では90分となっているのだがこれは相当水増ししているという事か。うーん、それではさすがにメインの動画カメラとして使うには厳しい・・・。予備バッテリーを5個6個と持ち歩くのもなんだし。液晶の輝度を落としたりしてもダメなのかな?
自分で買って試したいところですが価格が4万円以上するので人柱になるには高すぎ。なんというか、非常に惜しいカメラです(T_T)
ここまで来るともう「ビデオカメラのお株を奪わないようにわざと詰めを甘くしてるんじゃないか」と勘ぐりたくなる。

こういう「小型軽量ムービーカメラ」の潜在需要は相当あると思うんだけど、どこのメーカーも本当に及び腰でイライラが募ってる人も多いのでは・・・。Vado HDはすでに予約完売して大人気のようだし、そこから火がついて来年以降日本でもこういったカメラが増えていく事を期待したいですね。


[オーバーシーズモデル]ソニー Cyber?Shot DSC-T500(JE)


にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
▲応援オネガイシマス

comment

管理者にだけ表示を許可する

おすすめ
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログへ





プロフィール

いたち

Author:いたち
新しいもの好き。

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。